slut

アンディーカールが出ているので見に行ってきました。
アンディーはaltar boysの一人だった人で、あのhip-hopみたいな格好してた人です。

うーーーーーーーーん
微妙。
かなり微妙。
プレビュー中ということもあり、なんかねぇ。
しかも観客もいまいちだし。
私も苦笑とまり。

オープン明けにもう一度見てみるつもり。
変わっていることを願う(ほぼ全部)

でもアンディーはやっぱりかっこいいし歌も歌えるし、
実は踊りも踊れるし。もうちょっといい役くればいいのになぁ
[PR]
# by k-cocol | 2005-09-18 03:44 | Broadway

今日はお誕生日であります!

ただいま23日朝9時ごろ。(NY)
今からファイナルの勉強をします。テストは3時間後。大丈夫なのか心配です。
そんなことはどうでもよくて。

私は今日で21歳になりました!!!!!!!!
これでお酒がリーガルに飲めます!!!!
クラブに気兼ねなくいける!

もううれしくてうれしくて<お酒大好き

お友達と一緒に小さなパーティーを開きます。
私の電話番号知ってる人は電話かけてくださいな。

明日からはボストン。なんだかんだ忙し。



追記: みなさんHBのお言葉有難う!!!
私にとってはなんだか思い出したくない日になってしまったのでコメントはこれにて代えさせていただきます。ごめんなさいm(__)m
でもとってもうれしかったですよ!!!!本当にありがとう!
[PR]
# by k-cocol | 2005-08-23 21:57 | 雑文

Naked Boys Singing

びっくりだったぜぃ。
今まで興味があってみたかったんだけど、一人で行くのもやだし、
誰か一緒に行ってくれる人もいないしってことで、先延ばしにしていた。
とうとう、日本からこちらに短期滞在しているお友達といくことができました。

場所が全然わからなくて。54丁目をうろうろしてた。
そしたら55丁目に入り口があった(・_・、)
しかも夜の10時半に開演なのでかなり周りは暗くって、
あんまり治安がよさげな地域でもないので、ちょびっとこわかった。
色々な人に道を尋ねても誰もわからないし、
私は地図も住所も忘れてくるしでさんざんだったけど、
結局最後には偶然見つけました。

ショウは少し前に始まっていたようです。
チケットをもらって、中では携帯電話と写真は禁止よと注意を受けて中に入る。
そしたら本当にすっぽんぽんの男8人がモノをぶらぶらさせながら歌って踊っているではないですか!入った瞬間に目に入ってきたものがそれでかなりびっくりしました

でも皆歌うまいんだよねぇ。
いい体もしてるし、いいもの持ってるし(笑)
こういうののオーディションはどんな風に行われるのだろう?
と見終わったあと友達と話してました。
きっと裸になってなんかのナンバーひとつ歌わされるんじゃない?とか想像してしまいました。

一時間半のショウでしたが(インターミッションなし)あっという間に時間がたってしまいました。
おばかなコメディーという感もありますが歌を聴きに行ったりするのにも価値あるかもね。
キャスト変わったらまた行ってみたいかも。
キャストで一人見たことある顔がいた。
でもどこでみたのか(TVかお芝居か)さえわからなくて、誰なのか不明のまま。
プレイビルをみてみますかな。

そういえば、Bachelorの方々が二組ほどきていました。
みなさんほどよいほど酔っ払って、お友達とキャーキャー騒いでました。
男の人がストリップクラブに行くのと一緒で、女はNaked Boys Singingをみて独身最後の夜を過ごすのですな。
なんだかNYらしくていいよね(笑)

気になる方はみてみてください。
男の人もちらほらいましたよーゲイの人が多かったけど。
[PR]
# by k-cocol | 2005-08-05 12:37 | Broadway

ALTAR BOYS

また行ってきました。
マーク役の人が先日代わってしまってかなり残念なのですが。
今日はもう一人出ていなくて悔しい思いをした。
LUKE役のアンディー。
私はアンディー目当てで見てるのに今日はなんか病気らしくアウトでした。
すごい残念ーーーーーーーーーーーーー
しかも代役のLUKEは全然かっこよくないし、歌下手だし。踊りもうまくないのよね。
すごい”金返せ”的な気分です。
それでもラッシュチケットだったので、安いのですが。
でもやっぱりかえせーーー
一番前の一番右端の席で首が痛くなっちゃった。
やっぱり後ろのセンターでみたいわー
まだ一回もセンターで見たことないんだもの。
アンディーは28日に降板するそうなので、それまでにもう一度見てアンディーのLUKEを拝んでおきたいわー
[PR]
# by k-cocol | 2005-08-04 12:50 | Broadway

ビバ sunny day!

最近ブロードウェイのことしか書いてなかったので、自分の日常をもう少し書き足していきましょう。なんせコノブログはただの私の思いで帳なので。

今日は夕方から授業だったので、昼間はテラスに出て(私のアパートは自由の女神が見える素敵なテラスがあるんですよ~)日向ぼっこ。
水着きて肌を焼くのって日本ではできないけど(海以外)ココでは毎日できるからいいよねぇ。
本当はセントラルパークとかいってゴロンってなって日焼けしたいけど。
ちょっとうとうとしながら、宿題やったり、テキスト読んだりしました。

日焼けは肌に悪い(皮膚がんになる)けど、やっぱり少し焼けていた方が健康的だしセクシー。
ちゃんと紫外線カットのクリーム塗って、毎日テラスでのんびりと午後は過ごしています。

その後は夕飯食べたり、ネットチェック。
summer sessionが終わったら、ボストンに二泊三日でいこうとおもっています。
そのためのバスの予約とか、ホテルの予約をしました。
なかなかよさげなホテルなので期待大。

夕方は学校に行っていつもどおり法律の授業をうけて、
いつもどおり早く終わったので(もともとは3時間授業だけど、いつも1時間半くらい)
早くに家に帰り、テレビをみたり、明日の小テストに向けて勉強したり。

そうそう、BONJOVIのファンクラブにはいっているのですが、
来る9日にNYCの某所にてTAPINGが行われます。
それの鑑賞チケットをゲット!!先着250人しかよばれないんですが、
私はその中の一人に!
とっても久しぶりのBONJOVIなのでかなり興奮気味。。。

でも9日に行われるエミネムのコンサート(マディソンスクエアー)のチケットをEBAYにてかってしまった。
それは友達に譲って私はBONJOVIのほうに行くことに。
でもエミネムもかなり見たい!
彼自身が、今回のツアーが最後になると語ったそうです。
本当かどうかはこれからの彼の行動次第ですが、
でもやぱpりエミネムはみたいよーーー
あーーエミネムかBONJOVIか。
かなり迷います…(・_・、)
[PR]
# by k-cocol | 2005-08-03 04:31 | 雑文

Wedding Crashers

今日はお友達とユニオンスクエアーの映画館でwedding crashersをみてきました。
友達がとってもfunnyで楽しいよと薦めていたので、早速見ることに。

うん、楽しい!頭使わず、ただ笑ってみれるお笑い映画です。
二人の自然なジョークの掛け合いがいいよね。
でもいつもこういう映画見るとき思うのは、
俳優さんってすっごい笑ってるじゃない?常に。
あれって大変だよね。。。顔ひきつらないのかしら?
おもしろくなくてもあの大笑いをしなきゃいけないなんて!

なんてことを考えてました。
なんかすごい人で、SOLD OUTだったよ。
しょうがないので次の回にしたけれど。
見に行く人は早めにチケット買いに行くことをオススメします

あと今日はなんとも最悪な日だった。
1.エレベーターが故障中で全てシャットダウン(私は8階に住んでます)
2.HOT WATERがでない。さてシャワー浴びてしたくするかって時に!!結局夜中まで出なかった。かなり何回もクレームいったんだけど。他の部屋の人も出なかったらしい。
3.サブウェイの4がunder an investivationで動かなくてストップしていた

えーーーんなんてついてないんだーー
[PR]
# by k-cocol | 2005-07-29 06:07 | movie

Thrill me

TDFの割引チケットで出ていたので見に行きました。
sabreさんがレビューとあらすじを書いてくれてあったので、英語の分からない日本人にそれをよませて一緒に行きました(笑)
無理やり行かせたわけじゃないよ!あらすじよんだら興味ある~って行ったから一緒に行ったのさ。

ではそちらのあらすじを読んでからこちらを読んでくださいね。
ココ

そんなわけですごく暗いっていっていたので、覚悟してみたら、そんなに暗くなかった。
エンディングである意味どんでん返しというか、オチがあって、
そのあと二人がどうなってしまったかというので、救いがあるストーリーになっていました。

以後はネタバレ。




どんでん返しというのは、リチャード(頭のおかしいスリルだけを求めて犯罪を犯す男)がネイサン(リチャードを愛しすぎて善悪の区別すら付かなくなり犯罪に加担していく男)を”だまし”て犯罪(幼児誘拐と殺人)に手を染めさせ、ネイサンがめがねを殺人現場に落としてきたのはネイサンの単なるミステイクだったとリチャードは信じていた。けれども、真実は、ネイサンは故意にメガネを落とし、殺人に使った凶器などをわざと隠し持っていて、すぐに犯人として見つかるようにしむけていたということ。ネイサンはリチャードと一緒に警察に捕まれば、一生二人で一緒にいられる(刑務所の中で)と思い、わざと捕まるように証拠を残してきたのだ。

この二人は同性愛者とsabreさんといっていたけど、ネイサンは確かに同性愛者、でもリチャードはネイサンの愛を逆手にとって自分が愛しているふりをしてネイサンに犯罪を一緒に犯せさせようとしているだけ。リチャードは本当に同性が好きなわけではないと感じた。
ネイサンに求められるとき常に嫌がるし。次の犯罪を思いついたときだけネイサンに言い寄って(甘い声と肉体的交渉で)ネイサンのリチャードに対する愛を利用していた。

結局二人は警察にすぐつかまり(めがねと凶器の証拠から。あとネイサンが自白)刑務所へ。
お話は34年(?)後のネイサンの保釈審議でネイサンが話を始め、回想という形で昔にもどって事件についてネイサンの視点から描かれている。

刑務所入った後、リチャードはシャワールームで他の囚人にナイフでさされ死んでしまう。これはネイサンの保釈審議の前に起こったこと。
保釈審議でネイサンは保釈される運びとなる。その時ネイサンはかなり驚いた表情をしていたけれど、心の中はわからない。
リチャードがいなくなってしまって、これから先、生きる意味がないと感じているのか、
自分の愛をもてあそんだリチャードが死に、自分は死刑にならず保釈された。いいきみだとおもっているのか。
その辺は私にはわからなかった。

スリルのためだけに殺人を犯す人がいるだろうことはなんとなく想像できる。
でも愛しすぎたために悪いことと分かっている殺人までもに手を染めてしまう、そんなことは人間にありうることなのだろうか?
この話は事実に基づいていて、本もでているそうです。
ちょっと読みたくなりました。

雑記 後ろのおでぶなおばちゃんが貧乏ゆすりをしていて非常に不快だった!
英語で貧乏ゆすりってなんていうの?
[PR]
# by k-cocol | 2005-07-28 03:34 | Broadway

Movin' out

また行ってきました!
今回もラッシュで。10時5分に行ったらまだあって、ソワレを買いました。
ラッシュなので一番前。醜いけどマイケルの顔がよく見えるのでここがすき!
友達によると、土曜のソワレは普通ラッシュはでないらしい。
最近人の入りが悪いのかしら?
今年末にはクローズという噂なので、なるべく沢山みておかなければ!

ってなわけで、友達二人と私で一番真ん中の席を陣取っておりました。
セリフがないしビリージョエルの曲だから、英語がわからない二人でも存分に楽しめたようです。
一人はサウンドトラックを買っていました。

このショウの素晴らしいところはやっぱりダンス。
あとセリフがないのにキャラクター一人ひとりにちゃんと個性があること。
私のお気に入りマイケル・カヴァナー。彼の歌を聴きたくて私は見に行くのです。
私はビリーの声よりもマイケルのほうが好きだなぁ。
でも今日のマイケルはなんだか微妙。
時々声が出てなかったり。大丈夫なのかしら?
彼のスマイルにドキュンとやられてしまう私でした。

最後にeddieが観客の手にキスするんです。(毎回)
それがなんと私だった(‥;)
恥ずかしかったぁああああああああああああああ。
でも初ジョン、初エリザベス、初キースだったので最高に面白かった!
前回はアンダーとか、メインがOUTだったときだったから。
また見に行くぞーー近いうちに。

PS 今日はでまちをしてしまいました。
マイケルと一緒にパチリ。これは大事にします!(^-^)
[PR]
# by k-cocol | 2005-07-23 05:55 | Broadway

Dirty Rotten Scoundrels

やっといってきました!!
友達二人と私で、ロッタリーに挑戦。
何回か挑戦してるんだけど、まだ一回もあたったことなかった。
一番前の席だし、安いし、ってことでラッシュで絶対見る!ってきめてたんだけど、
なかなかあたらないんですよね。。。
で、友達が当たって、二枚しかないので、私ともう一人の友達でいってきました。

楽しかったーー!とにかくよく笑わせてもらいました。
私は映画のほうは見たことなかったんだけど、ストーリーもわかりやすいし、面白かった。
でもミュージカルナンバーはあまり印象にのこらなかったなぁ。。。
ショウ自体はすごく私好みだったんだけど、歌だけ取ったら微妙ですなぁ。

またもや名前を忘れたけど、一人の女の人(詐欺師の人)が声がでていなくて(もしかしたらただ下手なだけかもだけど)残念。もう一人の女の方(金持ち)はじょうずなのにね。

それにしても劇場は満席だった。人いっぱい。
やっぱり人気ですねぇ。
皆さん高らかに笑っていました笑
私の隣に座った若い女の子達はかなりのファンらしく、
最後、すごい奇声を発してました(笑)

とりあえず一回みればいいかんじ。
ロッタリーあたらないしね。
[PR]
# by k-cocol | 2005-07-19 14:29 | Broadway

Fiddler on the roof

二回目の屋根の上のバイオリン弾きです。
前回見て、かなり感動しました。昔の感想はそちらを参照に。
あのだみ声のハーベイの声もいい味出してるなぁっと思ったのですが、
やっぱりいいですなぁ。
でも一回目より感動は薄れた。
あと、TAILOR役の男の人が変わっていたのもおおきな違い。
私の友達は昔の挙動不審なテイラーは好きではないといっていたけれど、
私はあの人のほうがよかったなぁ~
ちょっとオーバーリアクションな気もしないでもないけど、
あれのほうが味が出てて面白かった気がする。

ハーベイの歌はやっぱりなんとなく物足りない気もする。
二回目は冷静に見たのでそう感じたのかも。
でもやっぱり彼は面白いし、観客の心をつかむのがとてもうまいと思う。
お母さん役の人もやっぱり歌も上手だし、いい味だしてる。
お父さんを支える強い妻というキャラクターがよくできてると思う。

前回も思ったけど、次女の歌声はいいなぁ。
一緒の人だよね?わからんけど、次女のソロはいいなぁっと聞きほれてしまった。

帰りステージドアにてハーベイを待って、写真を撮りました。
あまりにも人が一杯で一緒にとってもらうのは無理ですが、でもサインは皆にしてましたよん。
その時娘役の人たちが出てきて顔を真近でみたんだけど、
あまりにもおばちゃんでびっくり!!
あんな若い役なのにこんなおばちゃんがやっているとは!
でもけなげな感じがでているからやっぱりプロはすごいね。

ハーベイのfiddlerをもう一度見たいと思っていたのでよかった!
夏まででしょ?見たい方は早めにね。

そうそう、最近rich girl(?)って歌が売れてるから、なんだかIf iwere a rich manが頭から離れない(笑) 面白い歌だよね、両方とも。
でもやっぱりtraditionが一番好きなナンバーです。
[PR]
# by k-cocol | 2005-07-16 16:52 | Broadway