<   2004年 12月 ( 34 )   > この月の画像一覧

逆カルチャーショック

昨日色々な”ギャップ”について書きました。
思ったよりも反応があってびっくりやら、嬉しいやら。
あえてコメントにレスはつけません。
この今日の話でレスにかえさせていただきます。

先に言っておくと、私は特に人に好かれたいとか他人を異常に意識するということはありません。なので今からの話はかなりコメントをくれた方に失礼な文章になるかもです。
ただそれは私の価値観の問題もありますし、
昨日の私の話が言葉足りなだった部分もあります。
どうか気分を悪くなさらないでくださいね。
前もってこれだけはお断りしておきます。

日本から海外に行ったときのカルチャーショックっていうのは私は少なかった。
けっこう海外に行くことも多かったし、私の家族がホストファミリーをしたり、
その他いろんな経験を積んでいたから。

時々そのせいで日本になじめないときがあった。
日本流のやり方や考え方。私の価値観は少し周りと違っていた。
よく人に君は日本よりもどっか外国行ったほうがいいんじゃない?といわれたものだ

そんなこともあって、私は留学を決意したという裏話もある。

この話からお察しできるとおもいますが、
もともと日本にいたときから”孤立”してたわけなんですね。
だから自分にあっている環境は日本より海外なのです。
特にアメリカね。私の気質にあってるみたい。
それゆえ、日本に帰ってくるとまた”あの”感覚がもどってくるわけです。
あー私はここよりむこうがいいな。
何をとってもあまりにも考え方が違うなぁっと。
それはアメリカにいってから感化されたものでなくて、移り住む前からのものです。
別にアメリカナイズされたわけでもなく、
普通に暮らしてきて培われた私の価値観。

そして、コメントくださった方も言っていらっしゃいましたが、
逆カルチャーショックは重要な問題だそうです、留学生にとって。
母国に帰ってきたとき、その国のやり方になじめなく、母国で暮らすことを断念する方も多々いるそうです。そういうかたはまた留学先国に帰っていったりするんだそうです。

私もこの話は嫌ってほどきかされました。
勿論海外に渡ったときのカルチャーショックは有名な話ですが逆カルチャーショックのほうが結構深刻だったりします。
なぜなら、卒業などしたあと、就職先が困るんですね。
もしアメリカで留学していて日本に帰ってきて就職したい人がいる。
でもあまりの考え方やり方の違いを改めて実感し、日本に働き始めても常に疑問や不満を持ち結局アメリカに戻りそちらで就職する。
これは人生を変えることです。
逆カルチャーショックがあるかないかで、その人のその後の人生ががらりと変る。
その変化がいい場合もあれば悪い場合もある。
上の例でも、その彼は日本に就職した方がよかったのか悪かったのかはその人の気持ち次第なわけで。
アメリカ企業に勤める場合、給料が少ない→これは悪い結果
やりがいのある仕事がアメリカ企業のほうがあった→これはよい結果

何でこんなことをだらだらいってるのかって?
皆さんが言ってくださったことはわかっていたので”わかってますよ”といいたかっただけ。
ただ、その逆カルチャーショックという枠でひとくくりにしないでほしいと思った。
もともとそういう性格の人もいるわけで、
「留学してた人たちみんな、悪い意味でアメリカナイズされちゃってるよね」
そんな目で見ないでほしい。
簡単に”皆体験することだから”で終わらせないでほしい
だってどの人は留学のせいでそうなったんじゃないのかも。
もしかしたら、もともとの性格や価値観が日本人っぽくなかったのかも。

私の話を聞こうとしない人という話をしました。
なぜそんなことこだわってんの?って思った人もいるようです。
なぜって?それは簡単。話の種なくなるから。
もし私からNYに関連する(アメリカ、留学などなど)話を抜いたら喋ることなくなる。
友達と一緒にいても話することなくなるわけですね。
いろんな刺激を受けて私は今成長してるんです。
何にも喋ることのない友達は友達とは言いません。
ただの顔見知りです。
でもその話を聞きたがらない人たちは私の大好きな友達です、、、もしくはでした。
ここでジレンマですね。
そんな奴らとは一緒にいなくていいと割り切るか。
なんにも実のある話もせずつまんないけど一緒にいるか。
極端な話ですがつまりはこういうことになるんですよね。

そうそう、そうやって話を聞きたがらない人ってのは”そういう話はききたくない”とハッキリ私に言ってきました。気の置ける中なので気を使わずにばしっっといってきましたよ。
だから余計になんだか悩むわけですね。
ただ興味がなさそうに私の話を聞いてる(もしくは聞いてない)人は常にいますよ。
勿論アメリカでも日本でも。
しかし”そういう話興味ない”とは言わないけど”そういう話聞きたくない”と面と向かって代の仲良しの友達に言われたらどうしましょう?

聞きたくなさそうだったら喋るな。関係をギクシャクさせたくなければ。
そんな簡単に片付けられる?

問いかけているわけではないのです。
自分の中に自分なりの答えは見つかったので。
ただ留学してる方、しようと思ってる方が読んでくださっていたら考えてほしい
[PR]
by k-cocol | 2004-12-26 17:07 | Japan

ストレス

日本帰国中は映画館にてバイトをすることになりました
私が前の勤め先にお願いして雇ってもらうことになったのですが。

本日久々の初出勤(?)
思った以上に疲れました。
精神的に。
人にこんなにも気を使ったのは久しぶりかもしれないです

学校に行って疲れるというのはいつものことですが
それとは比較にならないほど精神をすり減らしたという感覚があります。

他人に対してここまで気を使う。
あんまり私の日常ではないことです。
もちろん、今まで全く仕事場にいた経験がないわけではないので
こういうことは経験しているはずなのですが、
なぜか今日はまた一段と疲れた

相手が日本人だということ。
そして皆私より大分年上だということ。
上下の差がはっきりしていること。
最近こういう状況が少なく、慣れていなかったんですね。
日本語で尊敬語や謙譲語を使い分ける。
そんなちょっとしたことにわずらわしさを感じてしまいました。
フレンドリーとは程遠い世界。

仕事場だけでなく、私生活でも違いを見にしみて実感。
私のNYでの私生活を全く聞こうとしない人。
聞くことすら拒否する人。
私はむこうで日本にいたときと同じような生活を送っているわけです。
人間としてね。
でもただ海を渡り、国境を越えてしまうと拒否反応を起こす人がいるわけなのです
じゃぁ私の生活は白紙にしたうえで話せばいいのか?
そんな疑問さえ浮かんできてしまいました。

こんなにネガティブな日記も久しぶり。
日本まで帰ってきたのに、私の周りでは嫌なことが次々と起こっている
これはただの偶然なのか、それとも何かの虫の知らせなのか。
まだ私にはわかりません
しかし、ひとついえること。
NYに住むことが苦痛だと私は思っていない。
全く。
そのことに気づかせてくれた日本滞在。

こんなにわがままで弱気な私だから皆”すぐに帰ってくるさ”とたかをくくっていた。
しかし、自分の今の生活はNYにて根を下ろし、ちゃんと地に足着いた生活をしているのだ。
誰にもわからない。でも自分はちゃんと今日気づいた。

私の帰る家は、今ふたつあると…
[PR]
by k-cocol | 2004-12-25 01:26 | Japan

デフレ、インフレ

アメリカは今インフレの真っ只中、もしくはなりつつあると言ってもいい。
NYにすんでいる私は、物価の高さを毎日ひしひしと感じているわけだけれど、
日本に帰ってきた今、私はまた少しショックを受けた。
日本は不況不況と言われ、またデフレの事態で、モノは安くなきゃ何も売れないといわれている。
しかし、私は東京の町をふらりとショッピングのため歩いてみた。
そしたら何もかも高いじゃないですか
べつに高級ブランド物の話を私はしてるわけじゃぁありません。
その辺の服です。
NYと同じ値段。

こっちに帰ってきたら少しは安いかなと思っていたのですが、同じのようです。
ただ救いはなのは税率。
その分日本の方が小売価格が高い気もする。

デフレとインフレは経済のさまざまな統計の指針から言われている事。
でもその辺の巷にでて感じる”経済”は又違う風が吹いているようである。
[PR]
by k-cocol | 2004-12-23 13:21 | Japan

隣の芝生は青い

これが当てはまるのかどうかはわかりませんが。。。

いつも思うのです。
NYにいる時(海外にいるとき)は日本に帰りたい。と思う。
日本が恋しくて、日本のよさばかりが思い浮かぶ。

その一方、日本にいるときは、はやくNYに帰りたいと思う。
日本を抜け出したい。こんな生活は真っ平だと思う。

それは家族と”一緒にいる”ということはウザイけれど、
家族に”会える”ということはとてもかけがえのないことだからなんだと思う。

家に帰ってくると本当にNYに帰りたくなる。
一日も早く。
あの苦しい空のたびさえも耐えさせるなにか。

でもいったんNYに帰れば日本が恋しくなるのよね。

ないものねだりともいえる。
NYにいれば、美味しい日本料理が食べたい。
お母さんの手料理が食べたいとか思う。
でも日本に帰ってくると、あのでっかい油ギトギトだけどすっごいうまいピザが食べたくなる。
毎日スタバで朝のいっぱいをやりたくなる。
ブロードウェイを見たくなる。

そんなちぐはぐな感情を今かみ締めています。

はやくNY帰りたいよーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by k-cocol | 2004-12-22 13:05 | Japan

本、本、本

アメリカにいるとき既に大量の本をインターネットで購入し、
日本の実家の家に送っておいたのです。
今日家に帰ってみたらこれまた凄い量なの。
SNOWさんも冬休みは読書するとか書いていましたが、
私も出来る限り本を読もうと思っています。
日本語の本をNYに持って久野は重たくなっていやなので、
とりあえず読めるだけ読む!学校が始まってしまうと、どうしても学校の課題の本など、
読む物は際限なくあるので、今のうちに趣味の”読書”をしておかないと。

そうそう、マンガもね。
金田一(おぉまた新しいのかいてるよ、知らなかった!)
KATSU(私あだちみつるファンなのよねぇ)
を買って読みました。
マンガが好きなわけでなく、あだちみつるの話がすきなのです

はいっ!そこ!「えーーー!」とかいわないの!
私は好きなのだ。
おんなじ顔でおんなじストーリーだけど。あれがたまらないのさ。

そうそう、もう既に飛行機の中で二冊ほど読みました。
ここには読書日記は書きません。
書いてると凄い量になりそうだから。
でも何か感銘を受けたら書きますね。
(イコール、その二冊はたいした本ではなかった)(笑)
[PR]
by k-cocol | 2004-12-21 12:59 | Japan

日本に帰国

えー、本日の便にて一時帰国。

…。

今東京にいます。
飛行機が大幅に遅れました。
なぜって?雪のため。
あんなちょっとの雪なのに3時間もおくれやがったーーーーーーーーーー
そのため、今日見る予定だったロミオとジュリエットがみれなかったーーーーーーーー
FUCK AMERICAN AIRLINE!
最悪…

一万円もしたのにーーーー
水の泡。。。
えーんえーん
藤原君を見れると思ったのにーーーー
誰かなぐさめてーーーーーーーー(><)

どんなにがんばってもやっぱり公演には間に合わなかった
すっごい楽しみにしていたのでかなり凹み気味。

コメントなどは実家に帰ってからやります。
もうちょっとこの悲しさに浸ることにします…

えーんえーん
[PR]
by k-cocol | 2004-12-20 21:09 | Japan

Bombay Dream

土曜のソワレでみました。コチラもSTUDENT RUSHで20ドルそこそこでゲット。
しかも5時近くに言ったのにまだチケットあまってました。
案の定席はよくないけれど。
でも全体を見渡せるいい感じのところ。

これは、正統派英語ではないので、会話が少し聞きづらかった。
英語学習者にはちょっと。。。
でもユーモアはわかりやすくてくすくす笑ってました。

これはコメディーにはいるんですか?
踊りと、衣装がすばらしい。
あと舞台セット。
水がバシャバシャ出てくるのにはびっくりした。

UKayeさんからもうすぐ終わっちゃうのでみとけばー?とレコメンドされたので見てきました。
眠くて眠くてしょうがなかったのが、しょうが始まったとたんにふっとんだ

あの、ミュージックを聴きながら寝れるかってんだ!
これもRATEがあんまりよくなかったですねぇ<TKTSのサイト
でもまぁ30ドルなら見る価値あり。
でもフルプライスでは絶対見ない。

もう一度言うぞ、踊りと舞台セットと衣装がすごい。
ストーリーは別に関係ない!キャストも私としては魅力なしでした。
細かい感想はまたあとで。。。
[PR]
by k-cocol | 2004-12-19 17:30 | Broadway

Drucula

これね、土曜日のマチネでみたんだけど、、、
前の日寝れなくて薬を飲んで寝たので、頭がぼーーーっとしてた。
案の定劇には遅れるし。

でも私の感想。
歌はすごーーーーくいい。
美しい歌声でほれぼれ。
でもストーリーになんあり。
途中でまじめに寝そうになったよ。
うーん。。。
なぜドラキュラを好きになったのか、全くわからない。
どこに惹かれたわけ??
その敬意が見えないのね。
ストーリーも大していいとも思えないし。
RATEがすごく低いわけがわかりました<UKさん

これはもうちょっとあとで感想書きます。。。
[PR]
by k-cocol | 2004-12-18 17:22 | movie

42nd Street

やっとブロードウェイデビューーーー!!!!!!!!!
デビューは42ndでした。
1月2日に終わってしまうということだったので急いで見に行きました。
チケットはラッシュチケット。
STUDENTラッシュです。
あのくそ寒いなか、1時間半ほど待ちました。
でも22ドルだし、文句は言えない。
一番前の席。ちょっと前すぎ?とおもったけど、
あの迫力をあんなマジかで見られたんだから、感謝しなければいけないくらい。
一人お気に入りのアクターを見つけてしまった。
JAMES君。
その話はまた今度にして…

とにかくあのタップダンスがすごい!
初のB’WAYショウだったのですが圧倒されてしまいました。
あのきらびやかな舞台。美しい声。歌。あのFAKEなのにきれいなSMILE。
私のかなり好みです。
ずーーーっと笑ってたきがする。

心が躍る感じ。ミュージカルに魅了された。
もっといいミュージカル、プレイをみるぞ!!

説明や批評は私なんかより他の方ほうがお上手なので割愛。
でもぜひぜひ見てください!
これぞ本場B’WAY!
[PR]
by k-cocol | 2004-12-17 17:05 | Broadway

僕の彼女紹介します(未見)

僕の彼女を紹介します

ショーーーーック。
聞く人皆、この映画はボツという。
Even people who are crazy about Korean movies....

でもねでもね、ここで一個私の意見を言わせてもらうとだね、
猟奇的な彼女の前のストーリーっていうのを期待してみれば
満足するはずなのよね。
猟奇的を見た人が見るのを狙って作ったわけだし。
でも監督の狙いはそうじゃなかったらしいけど。

私はこれを日本に帰ったとき見ようと思ってるんだけど、
レビューを全て読みつくし(ネタバレ含め)
やべぇ、猟奇的な彼女のストーリーすっぽり忘れてるとおもって
某DLツールでDLして昨日見た。

またもやほんわかとした気持ちになってしまった。
DVD予約しちゃったし(勢いで)
アマゾンだからキャンセルできるけど、でも多分あれは買うね。
猟奇的は、どうしてこんなに私の心をずどーーんと打ち抜くのか。
そう私はなよなよした女っぽい男が好きなんだな。
マッチョとか大嫌い。
繊細で、いつも気を使ってくれて、立場は私が優勢。
そんな人が好きだからこの映画好きなんだろうなぁ。

猟奇的をみてそんな彼氏が欲しくなった(・_・、)
なかなかいないんだよね、そういう人。

人になんと言われようとみるぞ、この映画(僕の~)
このタイトルどこからきているのか。
それはネタバレです。というかエンディングじゃん!

見る前にいつもレニューを見てしまう癖、よくない?
私はそのほうは好きだなぁ。
だって意外なところが映画のthemeになってたりするんだもん。
多分読まなければ気にしなかったこととか、
言われなきゃ気づかなかったシーンとかに気を配れるから。

話はどんどん広がってしまいましたが、
とにかく見るぞ!多分飽きたら寝る。もしくは退場。
だって無料だもん(映画館でバイトするため)
FREEだとどうでもいい駄作もみてしまうね。
いいのか悪いのか。
日本帰ったら全部みるぞーーー

追伸
猟奇的の映画の中で6つ子(?)の兄弟の新聞記事が出てくるシーンありますよね?
あれって何か伏線張られているんでしょうか??
二回見たのにやっぱりわからなかった。。。

自分メモ
コーヒー ピアノ 先生 赤いバラ 制服
(このキーワードであ!と思う人。君は猟奇的を見た人だね)
[PR]
by k-cocol | 2004-12-16 17:33 | movie